ブログ

沖永 優子
[プロフィール]
line
『一応クリスマスツリーを出しました』
(2017年12月4日)

年がら年中忙しかった自分の母親のことを思うと
ツリーを飾り付ける時間がなかったのは当然。

当時から特に疑問もなかったのですが
例えば「当たり前のようにツリーが出ていた」という景色で育つと
子どもはどういう感覚になるのかが知りたくて
ちょっとめんどくさいけど毎年出しているクリスマスツリーを
今年も一応出しました。

ツリーを飾らない家庭で育った私の場合

@自分で作ったりして勝手に楽しむ
A大人に なると子ども時代の反動かツリー購入時は奮発
B特に懐かしさもないからなのか意外とテンションがあがらない
Cオシャレな場所にあるプロが作った素敵なツリーの方が気分がノる
Dでもせっかく買ったんだしな、と惰性で毎年飾る

ベースが日本の家だからでしょうか。

とはいうものの、クリスマスの朝にはこの根元が
プレゼントの山になります。
子どもたちが楽しみにしているのはツリーよりプレゼントなので
それが届く場所、目印としてやっぱり必要。
そういう結論で、今後もダラダラと飾りたいと思います。



■過去のブログ
line
戻る[*]
TOP[#]